profile

森 豊 


生  年:1978年
在  住:大阪

 

イラストレーターズ通信会員


紀州の山村で育ち、弓道、剣道、合気道などを嗜んだことを切っ掛けに、日本文化や民俗的なものに強い愛着を持つ。民俗学系の学問(読書)が趣味で、特に小松和彦先生、宮田登先生、白川静先生の著書を愛読しています。

 


職業: イラストレーター

使用画材(時代モノ):墨、アクリル絵具、顔彩

 

約10年間、グラフィックデザイナー、ディレクターとしてデザイン事務所勤務。2011年よりイラストレーターとして独立。

時代小説の装画、挿絵などを中心に、日本的、和的なイラストやその他多岐にわたるイラストを手掛けております。

 

2009年 京都  INTERNATIONAL ACADEMY パレットクラブ修了 

2009年 TSUNAグループ展 「HAPPY」参加 

2010年 藤本将先生監修のグループ展 「しあわせシネマ」展参加

 

2011年 HB FILEコンペ 1次選考通過

 

2012年 ペーターズギャラリーコンペ2012 1次選考通過

 

2012年 第4回イラストレーターズ通信コンペ 入選

 

2012年 HB FILEコンペ 1次選考通過

 

2013年 イラストレーターズ通信 入会

 

2013年 GALLERY HOUSE MAYA  装画を描くコンペティションVol.13 入選

 

2013年 HB FILEコンペ 2次選考通過

 

2015年 GALLERY HOUSE MAYA  装画を描くコンペティションVol.15 入選

 

2016年 GALLERY HOUSE MAYA  装画を描くコンペティションVol.16 入選

 

2017年 GALLERY HOUSE MAYA  装画を描くコンペティションVol.17 入選

 

 

主なイラスト仕事歴:

読売新聞夕刊 大阪版 『謎解き人物伝』/ 挿絵

・KADOKAWA 角川文庫 『ふたつぼし』シリーズ中谷航太郎・著 装画

・角川春樹事務所 『髪結いの亭主』シリーズ/和久田正明・著 装画

・講談社 『叛鬼』/伊東潤・著 装画

実業之日本社 月刊ジェイ・ノベル

 『もんなか紋三捕物帳 桃太郎姫』/井川香四郎・著 挿絵

角川春樹事務所 PR誌 ランティエ 『黄金の犬』/犬飼六岐・著 挿絵

・扶桑社 『韓流時代劇と真実の朝鮮史』/宮脇淳子・著 装画・帯イラスト

・角川春樹事務所 『独り身同心シリーズ』/小杉健治・著 装画

・京都水族館 秋期ポスター イラスト
・ミズノ 「REVIVE」サンダルPR用商材イラスト

 など

 

 

影響を受けたアーティスト<絵画・イラストレーション>:

志村立美、岩田専太郎、小林秀恒、小田富弥、鏑木清方、川合玉堂、菱田春草、小村雪岱、月岡芳年、歌川国芳、円山応挙、渡辺崋山、茂本ヒデキチ、中一弥、蓬田やすひろ、西のぼる、村田涼平、OHGUSHI、森本美由紀、ROBERT McGINNIS、Mike Mignolaなど。

 

 

好きな作家:

北方謙三、藤沢周平、池波正太郎、大佛次郎、司馬遼太郎、柴田錬三郎、夏目漱石、吉村昭、多田容子、京極夏彦、隆 慶一郎、北重人、重松清、馳星周、グレッグ・イーガン、フィリップ・K・ディック、アンドリュー・ヴァクス

 

 

好きな映画:

赤穂浪士、用心棒、忠臣蔵外伝ー四谷怪談ー、ジャズ大名、眠狂四郎シリーズ、座頭市シリーズ、座頭市(北野武版)、細雪、拳銃無頼帖、BROTHER、キッズリターン、ゴーストドッグほかジム・ジャームッシュ作品、駅馬車、許されざる者、シービスケット、グラディエイター、ダークナイト

 


好きな言葉:

"ならぬは人の なさぬなりけり"(上杉 鷹山  辞世の句の下の句)
- 上杉 鷹山 -

 

"私は、私の思う私を信じることにする"(日向景一郎シリーズより)
- 北方 謙三 -